ニューヨーク市からシスター・ぺキー・ドイルの訪問に沸き立つ。オールドモントリオールにて。
撮影:CND、2010年

ホーム > シスターになる > 毎日の生活

私たちは毎日の生活を喜び祝います・・・

祈りによって:内なる光の源である祈り

祈りの時間を持つことで私たちの毎日の生活のリズムが決ま ます。個人での観想の時間は一日に光を与えます。 シスターの一人ひとりは出来る限り毎日御ミサに与るように します。

賛課:朝の祈り
晩課:夕の祈り

毎年の黙想会は、自分自身の奉献の意味についての理解 める機会となります。

沈黙は光になります・・・

共同体と共に:暖かく人を迎える心

共同体生活は、求める人、聴く人のためにあります。 私たちは神さまの語られることを聴き、他の方の話を聴き、 私たちの内なる声を聴きます。心を開いて、お互い気遣 い、聖霊に聴きます。

共通の理想の分かち合い、それぞれの才能と性格に合った たちでの貢献、人を受入れ、人に手を差し延べる寛容 化、そして「共に在ること」の幸せ。それが共同体です。

マニフィカトは喜びの歌!

共に働く:自由な連帯

「姉妹たちは学問を修め、さまざまな仕事に熟練するよう 努力しなければなりません。」

マルグリット・ブールジョワの手記P.123

一人で、または協力しあって、相互性と分かち合いの精神 もとに、私たちは毎日の仕事をしています。大きな仕事、 さな仕事という区別はありません。どの仕事も神さまの仕事 です。

シスターの一人ひとりが、祈りの輝きと仕事の分かち合い よって、共同体生活を豊かなものにしています。

いろいろな活動:職業の枠を超えて

一人ひとりが神さまの招きを発見し、自分の才能を伸ばしま す。シスターたちは共同体の仕事・教会内の任務・教育・ 癒し・社会福祉関係の仕事に携わっています。管理・監督の責 任のある立場に置かれているシスターも少なくありません。 たちは真の自由への教育への情熱を胸に、創立者であり、 姉妹である聖マルグリットが残した足跡に従って進みます。

本会のシスターたちの大胆さと積極性は過去から現代へと受 け継がれています。私たちの前を歩んだシスターたちを模範 にしながら、私たちは常に変化する今の世界を見つめ、前進 し、いつも新たに与えられる聖霊の賜物に心を開きます。

万事を神のみ前で行い、神のみをお喜ばせしましょう。

マルグリット・ブールジョワの手記 P.116

共通の理想の分かち合いからシスターたちとの旅へ:召命


関連項目

CND召命ものがたり

神を愛する熱い心

いろいろな段階

更に詳しく知りたい方へ